Haja Center (English&Japanese Blog)

January, 2013

‘Guidelines for youth activists who travel maze so-called project planning’

‘Guidelines for youth activists who travel maze so-called project planning’ Several questions that we have had when preparing for the workshop   written by Min-jung Son (Breath, Education Planning Team) translated by Hayan Jeon The workshop titled ‘Guidelines for Youth Activists Who Travel the Maze, project Planning’ was held in November 2012 for youth activists [...]

事業企画という迷路を旅する青少年教育の活動家のためのガイド

事業企画という迷路を旅する青少年教育の活動家のためのガイド ~ワークショップの開催を準備しながら感じた、いくつかの質問~   2012年11月に「事業企画という迷路を旅する青少年教育の活動家のためのガイド」というワークショップが開かれた。このワークショップは、青少年教育の指導者(活動家)が現場で事業を企画する際に必要な自分への問いかけやチェックリストを共に作ってみようという趣旨で行われた。この行事を準備しながら、分かち合ったいつくかの質問を通し、なぜこのようなワークショップを企画するに至ったのか、振り返ってみたいと思う。

あまのじゃく、探検を語る

  あまのじゃく、探検を語る ~「2012考えるあまのじゃく」下期みんなの発表会を行く~ ハジャセンターは、2012年6月より、韓国アムウェイと共同で子供たちを対象にした文化芸術活動を通じたクリエイティブ教育を展開しております。「考えるあまのじゃく」と題された活動を通じ、子供たちは様々な分野の文化芸術家たちとのコラボレーションを楽しんでいます。そして、同年12月15日、それまでの作業を披露する発表会がハジャセンター・ハブホールにて開かれました。

ハジャ・ハブより新年のご挨拶

ハジャ・ハブより新年のご挨拶 南慧林(ナム・ヘリム)訳 2012年12月12日、「自共公(‘自助・共助・公助の略’)アカデミー第1期:社会と空間のキュレータ・スクール)の最終ミーティングがハジャ・ハブ新館ワークルーム203号室にて行われました。そこではまず、2013年より新に発足し、ハジャセンターと延世大学が委託運営することになる「ソウル特別市若年雇用ハブ」についての紹介と説明が行われ、その後は、受講生たちが集まり、それまで感じたこと、考えていたことや皆に紹介したいと思う事業・行事の情報などをシェアしながら、7週間の活動を振り返る時間になりました。

New Year’s Greeting from Haja Hub

New Year’s Greeting from Haja Hub written by herb team translated by Amy Kyoungmi Yoo On 12th December, 2012, the last meeting of <1st Jagonggong Academy : Society and space curator school> was held in the workroom 203 of the Haja Hub new building. Firstly in the meeting, ‘Seoul Youth Job Hub’, which will be [...]