Haja Center (English&Japanese Blog)

About Haja Center

Haja Center, established at 18th of December, 1999, has been operated by Yonsei University as Seoul Metropolitan Government entrusted. Its official title is ‘Seoul Youth Factory for Alternative Culture’. Haja Center is a byname for “Upgrade our life,” “Do what we want while doing what we must,” ” Discipline of autonomy and symbiosis”.

The main idea for Haja Center was based on various problems in our society in the context of the Asian financial crisis in 1998. Every generation suffered various crisises, Seoul Metropolitan Government and Yonsei University focused on the way how teenagers can live, practicing social sharing without losing vitality in the risk society of low growth and high unemployment where they will spend their twenties and thirties. Put our heads together, we have opened Haja Center as Government-People-Academic-Industrial cooperation.

In early days, we were seeking mutual improvement by making creative help, carrying out various apprentice education with artists in various fields, young planners and teenagers, operating five studios of web, film, music, design, civil workshop. Based on those foundation and experience, we have establised Haja Production School in 2001. Noridan and Organization Yori, both started as venture incubating project, received governmental certification of social enterprise in 2006 and 2008. Also, creativity program lineups provide services for general teenagers.

13 years has passed since establishment, Haja Center is now providing career design for teenagers, support of community business including social enterprises for young adults and middle-aged to create sustainable employment. Now, Haja Center is consist of five alternative schools, several programs for teenagers, nine certified social enterprises in the field of art and culture.  As a result, Haja Center becomes a village of dreaming sustainable life where people from various generations learn with creativity, live on doing things that are helpful to the earth. They are doing interesting activities to live better life in Haja Village, establishing invisible, as well as visible village.

 

ハジャセンターのご紹介

南慧林 訳

1999年12月18日に開館した弊センターは、延世大学がソウル市よりその運営を委託しております。公式名称は「ソウル市立青少年職業体験センター」ですが、“自分の人生をグレードアップしよう”、“やりたいことをしながら、やるべきこともしたい”、“自律と共生の原理”をモットーにしていることから、「ハジャセンター」(訳注:「ハジャ」とは、「・・・をやってみよう」という意の韓国語)という異名を取るようになりました。

弊センターは、1998年の通貨危機以来、韓国社会に起きた様々な問題の経験から誕生しました。当時、世代を問わず問題が露呈している中、ソウル市と延世大学はとりわけ10代青少年に目をつけ、如何にすれば彼らに低成長・高失業の社会的困難を生き抜き、元気を失うことなく社会的な分かち合いを実践してもらえるのかを模索し始めました。そうして皆の知恵と工夫を絞り合い、1999年、官民産学協同の弊センターオープンに至ったのです。

当初、弊センターでは、WEB・動画・音楽・デザイン・市民作業場の五つのスタジオが運営され、その中で文化界の匠人たちと20~30代の人文的企画者及び作業者たちは、10代青少年たちと共に、たくさんの見習プロジェクトを推し進め、クリエイティブな関係作りを通じた相互成長を目指しました。こうした基盤と経験を土台に、01年にはハジャ作業場学校が開校し、07年には創業インキュベート・プロジェクトから始まったノリダンが、翌08年にはオーガニゼーション料理が、それぞれ社会的企業として認定されるといった成果をあげています。さらに、青少年たちの将来設計をサポートするプログラム、クリエイティビティ学習プログラムのラインナップを通じ、一般青少年を対象にした様々な教育サービスを提供してまいりました。

設立13年目を迎える今年、弊センターは、青少年には将来設計サポートやクリエイティビティ学習プログラムを提供し、成人には持続可能な雇用を創出する社会的企業などのコミュニティビジネスを支援しております。現在、弊センター内には、オルタナティブ・スクールが5校、他に随時開かれる青少年対象プログラム及び文化・芸術分野の認定を受けた社会的企業が9社、常駐しております。弊センターは、あらゆる世代の人々がふれあいながらクリエイティブに学び、地球に優しいことをしながら生活を成り立たせる、持続可能な生き方を目指す町になりつつあります。彼らは、「ハジャ町」の至る所で、共に生きていくための楽しいことに挑み、目に見える、あるいは見えない町作りに取り組んでおります。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>